Top >  毛髪の基礎知識 >  毛髪の基礎知識(髪の毛のサイクル)

7DAYS育毛実感プログラム

スポンサードリンク

毛髪の基礎知識(髪の毛のサイクル)

通常、頭皮にある毛母細胞で作られている髪の毛。
この髪の毛のサイクルは通常、成長期→退行期→休止期を経て抜け落ちる、ということを繰り返しています。
成長期は約2〜5年間続き、そのあいだに毛母細胞が髪の毛を作ります。
その後退行期を迎えることになります。
退行期になると、毛母細胞が衰えてきて、その活動も弱まり、髪の毛の成分が作られなくなってしまいます。
この退行期は約2週間つづき、やがて休止期を迎えます。この休止期では、毛母細胞はしばらく休止し、その後再び髪の毛を作り始めるのです。
頭髪全体から考えて、約1割が休止期の状態にあり、次の準備をしているのです。
髪の毛が抜けてもまた生えてくるという現象は、髪の毛一本一本がそれぞれ違ったタイミングで、このサイクルを繰り返しているのです。

薄毛・抜け毛の悩みが7日で止まる!ヘアケア塾

飲む養毛剤はこれだ!

 <  前の記事 毛髪の基礎知識(抜け毛)  |  トップページ  |  次の記事 毛髪の基礎知識(抜け毛全般)  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症と治療薬」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。