Top >  円形脱毛症の治療法・治療薬 >  ウィッグ(かつら)とその種類

7DAYS育毛実感プログラム

スポンサードリンク

ウィッグ(かつら)とその種類

円形脱毛症の症状によって使い分けできるように、ウィッグには「部分かつら」と「全かつら」の2種類があります。
単発型、多発性〜全頭型、蛇行型など、症状によって使い分けができるのです。
例えば、頭皮全体の髪の毛がない場合は「全かつら」を、頭全体に覆うために使用します。
また、前頭部や前頂部などの頭の一部だけをカバーする場合に使用するのは「部分かつら」、円形脱毛症のように単発型で、患部が1ヶ所、または範囲が狭く限定されているような時にも適しています。
髪の毛のボリュームが減ってきた時の症状を壮年性脱毛症といいますが、この時にも「部分かつら」を使用します。
脱毛症の症状によっても選ぶことが出来るように、「部分かつら」にもいくつか種類があります。
「ツーベ」「半カツラ」「トップピース」「部分ヴィック」などといったものです。
自分の髪の毛とうまく馴染めば、結構自然な仕上がりになり、違和感を感じさせないものです。

薄毛・抜け毛の悩みが7日で止まる!ヘアケア塾

飲む養毛剤はこれだ!

 <  前の記事 円形脱毛症とウィッグ(かつら)  |  トップページ  |  次の記事 脱毛症と漢方薬  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症と治療薬」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。