Top >  円形脱毛症の症状と原因 >  中毒性脱毛症とその原因

7DAYS育毛実感プログラム

スポンサードリンク

中毒性脱毛症とその原因

高熱を伴う病気、重度の疾患、手術後など、体の抵抗力が弱まったときに肉体的・精神的ストレスが原因で起こる脱毛症のことを、中毒性脱毛症(ちゅうどくせいだつもうしょう)といいます。
例えば、抗がん剤治療に使われる癌(がん)の化学療法薬、ピル、その他の薬血圧の薬、リチウム、バルプロエート、経口避妊薬、ビタミンA、レチノイドetc)などを服用することにより、その副作用として現れるのです。それ以外にも原因はいろいろとあります。
女性によくみられるケースで言えば妊娠後に、その他では甲状腺や下垂体の機能が低下することにより発症するケースもあります。
中毒性脱毛症による抜け毛は一時的なものです。
発症は、原因となる病気や心身的ストレスなどが生じてからすぐ、もしくは3ヶ月〜4ヶ月ほどしたら抜け始めます。
しかしその原因となる病気やストレスが解消されれば、また髪の毛は生えてくるのです。

薄毛・抜け毛の悩みが7日で止まる!ヘアケア塾

飲む養毛剤はこれだ!

 <  前の記事 瘢痕性脱毛症とその原因  |  トップページ  |  次の記事 円形脱毛症とウィッグ(かつら)  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症と治療薬」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。