Top >  円形脱毛症の症状と原因 >  瘢痕性脱毛症とその原因

7DAYS育毛実感プログラム

スポンサードリンク

瘢痕性脱毛症とその原因

外傷、熱傷、ガンの放射線治療、頭皮のおできなどによる傷跡が原因となって起きる脱毛症のことを、瘢痕性脱毛症(はんこんせいだつもうしょう)といいます。
瘢痕性脱毛症とは、頭皮に負った傷が治癒する過程において起こる症状で、皮膚が引きつったような状態にあることをいいます。
これは早期の治療が必要となります。
その理由として、傷跡のまわりでは血行障害により脱毛が広がる可能性があるからだといわれています。
この瘢痕性脱毛症は、最も発毛が難しい脱毛症と言われており、火傷や外傷が治った後で再び発毛するケースもあります。
しかしそれとは反対に、それらが原因で毛乳頭が破壊されていると、髪の毛の再生は不可能となってしまうからです。
また逆に、皮膚の防衛反応がはたらき、傷跡を回復するために多毛状態になることもあります。
瘢痕性脱毛症の範囲が小さければ、外科手術により縫合し、目立たなくすることは可能です。
しかし症状によっては、手術することさえも難しいといわれています。

薄毛・抜け毛の悩みが7日で止まる!ヘアケア塾

飲む養毛剤はこれだ!

 <  前の記事 牽引性脱毛症とその原因  |  トップページ  |  次の記事 中毒性脱毛症とその原因  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症と治療薬」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。