Top >  円形脱毛症の症状と原因 >  分娩後脱毛症とその原因)

7DAYS育毛実感プログラム

スポンサードリンク

分娩後脱毛症とその原因)

女性が出産後に発症する脱毛症のことを、分娩後脱毛症(ぶんべんごだつもうしょう)といいます。
これは「産後脱毛症」とも呼ばれています。
症状として、一時的に抜け毛が増えたり、髪の毛が痩せるといったことが起こります。
この原因として考えられていることは、女性ホルモンのバランスが崩れるためと言われています。
妊娠中に優位だったロゲステロンが、出産後に急激に低下したために起こる症状なのです。
妊娠後期になると、エストロゲンが増加します。
それは、成長期に毛髪が一気に増加することと同じなのです。
ですので、出産後エストロゲンが休止期に入ってしまうと、いっせいに毛髪が抜けてしまう、という特徴があります。
ほとんどの場合、目で見てわかるほど極端な脱毛が起こることはないようですが、なんとなく髪の毛が薄くなったと自身で感じる人はおられるでしょう。
このように、身体に大きな変化をもたらすのが出産です。
出産後に身体のバランスや栄養バランスが崩れるということは、分娩後脱毛症の原因のひとつとして考えられているのです。

薄毛・抜け毛の悩みが7日で止まる!ヘアケア塾

飲む養毛剤はこれだ!

 <  前の記事 脂漏性脱毛症とその原因  |  トップページ  |  次の記事 女性男性型脱毛(FAGA)とその原因  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症と治療薬」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。