Top >  円形脱毛症の症状と原因 >  脂漏性脱毛症とその原因

7DAYS育毛実感プログラム

スポンサードリンク

脂漏性脱毛症とその原因

過剰な頭皮からの皮脂分泌が原因で脱毛が止まらず、また発毛も出来なくなるという状態のことを脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)といいます。
脂漏性脱毛症にある有力説として、内分泌といわれる男性ホルモンの分泌過剰が原因といわれていますが、マラセチア真菌といわれる真菌の一種である、という説もあります。
皮脂腺が発達している体質の人は、過剰な皮脂分泌が行われることにより、酸化しベタついた脂性のフケが出来きます。
それが、脂漏性脱毛症になることと深い関係があるといわれています。
頭皮の毛穴が詰まりやすく、また脂性のフケは洗いにくいので、頭皮のバイ菌が繁殖しやすくなり、炎症を起こしてしまいます。
これが脱毛へとつながってしまうのです。
脂漏性脱毛症や円形脱毛症の進行を防ぐためにも、日頃から頭皮の脂や汚れまたはフケなど、毛穴をふさぐ原因となるものを防ぐケアが大切なのです。

薄毛・抜け毛の悩みが7日で止まる!ヘアケア塾

飲む養毛剤はこれだ!

 <  前の記事 粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)とその症状  |  トップページ  |  次の記事 分娩後脱毛症とその原因)  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症と治療薬」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。